飾りパン [2] 飾りパン [2]


●飾りパン [2]
1996年第3回ワールドカップのテーマは、「パンの歴史」。作品の中央には、古代メソポタミヤをイメージした建築物を置きました。左は盛り花を配して技術をアピールし、右は古代の石造りの塔を配し、全体にパンをちりばめました。この作品も東洋的な繊細さと、美しさが高く評価されて、グランプリを獲得しました。作品は、1996年大会に出展したものをベースにしています。