フランス伝統の焼き菓子「ガレット・デ・ロワ」
12月26日より

世界大会出場メンバー開発商品

ガレット・デ・ロワ
王様のお菓子という意味で、フランスでは新年を祝う伝統的な定番のお菓子です。

パイの中には「フェーヴ」と呼ばれる小さな陶製の人形がひとつだけ入っていて、
切り分けて食べたときにフェーヴが当たった人はその日王様や女王様になることができ、
さらに1年間幸運が続くと祝福されるのです。
ですから「ガレット・デ・ロワ」には王冠がセットでついています。

神戸屋レストランでは「フェーヴ」の代わりにイタリア産マロンを入れました。
バターを丁寧に折り込んだパイとアーモンドの香りが口いっぱいに広がる風味をお楽しみください。

※一部取り扱いのない店舗がございます。
※写真、イラストはイメージです。